日本語

【人妻・Y葉(27歳)】寝取られ最高傑作!『うちの妻を寝取ってください』と夫から依頼、赤の他人と温泉旅行に行かされる妻。旅館につくなり無理に脱がせ、押し倒しチンポを挿入!夫に電話させSEXの実況をさせた「ごめんなさい・・・でも気持ち良い。」喘ぎ声は受話器の向こうの夫に筒抜けであった。【動画】

投稿日:

Image 38 Image 39 Image 34

 この作品は寝取られ系タイトルの中でも最高峰の作品なのでご紹介します。人妻は貞操を守らなければいけない立場にありながら、その貞操を夫が鍵を外す。自分の妻・Y葉(27)が抱かれている姿を見るのが好きな夫。AV監督に「妻が他人とSEXをしているところを撮影してほしい」と依頼。夫の行動に理解を苦しむ妻だが、夫が喜んでくれるならと言い聞かせる・・・。

Y葉(27)は夫以外のチンポを見るのも触るのも抵抗があり、俯いたまま目の前にあるチンポから目を背ける。しかし依頼された監督は、それを楽しむか如くY葉(27)のマンコに強引に勃起したチンポを深みまで押し込んだ。するとY葉(27)は「ダメ!」と抵抗するも、膣内をチンポが擦れる度に喘ぎ声が口からこぼれ落ちる。

夫とのSEXでもしたことない、むろん今までにも経験したこともない感覚。真面目に生きてきた女が初めて道を外した瞬間、罪悪感と共に背徳感が人妻のオマンコを過剰なまでに濡らした。

これが人妻・Y葉(27歳)の初の撮影動画『うちの妻・Y葉(27)を寝取ってください 44』である。

見た目はというと、ショートカットでボーイッシュ、汚れをしらない真面目なタイプ。しかし全ての布を脱ぎ捨てた時に露わになった変態で淫靡な裸体。肌の艶、膨らむ胸、尻、全てにおいて人妻の匂いが垣間見れるエロい身体である。

そして撮影が終わり、妻が寝取られている動画をAV監督からもらった夫は、その映像を妻と見ながらSEXをする。妻が他人のチンポに悶える姿に興奮する夫、こんなに淫らになってごめんなさいと謝る妻。この味を忘れられなくなってしまった夫は、またしても依頼の電話・・・。妻は到底納得できるはずもなく、足取り重く再びカメラの前に現れたのだった。

これが『うちの妻を寝取ってください 特別篇 寝取られ人妻湯けむりの旅』である。

作品冒頭での説明
寝取られ願望のある男性が集うスワッピングサークルの主催者である私は、1ヶ月前に男性会員I氏の依頼で、彼の妻とセックスしてその一部始終をビデオカメラで撮影した。
【2015年3月発売『うちの妻・Y葉(27)を寝取ってください 44』に収録】

I氏は私が手渡したSEXビデを見ながら妻を抱くことをしばらく楽しんでいたが、欲望は更にエスカレートして、今度は妻と2人で泊まりがけの旅行をして欲しいと頼んできた。

前回は都内の旅館を日帰り利用したが、今回は東京から特急電車で3時間ほど離れた温泉街の宿を予約した。夫からは旅行中、人妻を好きにして良いと言われ、出来るだけ多く抱いて欲しいと頼まれている。

1ヶ月前、人妻は夫を理解するためと自分に言い聞かせて私に抱かれたが、その後、心境の変化はあったのだろうか・・・。今回は泊まりで逃げ場がないので人妻が自制心を保てるかどうかが気掛かりだ。

夫からは、会うところから明日別れるまでずっと撮り続けて欲しいと頼まれていた。


新宿で待ち合わせるところからはじまり、電車が来るまでの時間喫茶店に入り、前作を見た夫の反応や夫婦関係はどうなったのかをインタビューする。待ち合わせてからずっとY葉(27)は浮かない顔で淡々と力なく話している。

電車に乗り込むが周りにお客さんもいる中で、卑猥な言葉をY葉(27)に浴びせかける。人妻は常識人間であり他人との調和を乱すことを嫌う真面目なタイプなためか、車内に響く監督から浴びせられる卑猥な言葉にウンザリしていた。マイクでは拾いきれないほど人妻の声が細くなった。監督は車内でY葉(27)の足を触るが「やめてください・・・」その一言で終わる。明らかにこの旅を楽しむ気など微塵も感じない。

電車が目的地の駅に到着し旅館に向かう道中も当たり障りのない会話しかない。この時点では『この作品は大丈夫か?』と少し心配になる程だった。

旅館につき部屋を見て回るY葉(27)の姿を監督は舐め回すようなアングルで撮り続ける。何故なら、撮影した全てを夫が見るからである。遠慮などしない、嫉妬させるような言動や行動は夫にとっては興奮する要素であるからだ。

Y葉(27)はベッドのある部屋に入ろうとした瞬間、監督は人妻が穿いているタイツを強引に脱がし、素早く自分のズボンを脱ぎ、愛撫もせずに生のチンポを挿入・・・。

「やめてください・・・ダメです・・・」

そういって抵抗するが、愛撫もせずに挿入できるほどY葉(27)は濡れていた。旅館に着くまであれだけ浮かない表情を浮かべていたが、内心これを待っていた証拠でもある。

喘ぎ声も大きくなり、騎乗位では他人のチンポで楽しむように激しく前後に腰を動かすY葉(27)。その時、監督は夫に旅館に到着したことを電話する。夫と電話が繋がると、喘ぎ声がでるのを堪えながら腰を動かす妻。夫の声が受話器から聞こえる。すると監督はY葉(27)に電話を渡し夫と話させる。もちろんチンポが刺さっていることなど言える筈もない・・・

しかし監督は腰を激しく動かしはじめると、Y葉(27)は堪えていた喘ぎ声が出てしまった。

受話器の向こう側では心配する夫。「ごめんなさい・・・」と謝る妻。他人に寝取られた妻の喘ぎ声と妻のSEX実況を受話器から聴きながらオナニーを始める夫。それを聞いてさらに感じる妻。そのまま他人の精液が膣の中に放流される・・・。

そして、ここからこの作品は色々な展開を見せるのである。

Image 6 Image 7 Image 8 Image 9 Image 10 Image 11 Image 12 Image 13 Image 14 Image 15 Image 16 Image 17 Image 18 Image 19

-日本語

Copyright© VRアダルト無料動画 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.